Clinic Name

Best Ally
~最高の味方に~
個人診療所開設・医療法人設立専門のヲタク行政書士®榊原です

独立開業をお考えの方へ

法人化と個人診療所開設、どちらがいいのか悩む

勤務医から独立をお考えの方で、医療法人にするか個人診療所にするかお悩みではありませんか?
自治体により、勤務医から医療法人設立が出来ない場合もございます。また、法人化と個人開業それぞれにメリット・デメリットがございます。

【29業種】建設業許可29業種まるっとご紹介します。

本記事では、業種別での許可制を採用する建設業許可の29業種をご紹介します。

建設業の29業種とは?

建設業のうち、一定規模以上の工事を行うには許可を受けなければなりません。

この許可は、業種別に許可を受ける制度となっていて、請ける内容ごとに取得が必要です。

この業種は、「土木一式工事」「建築一式工事」という2種類の一式工事と、27の専門工事業から成り立っています。

土木一式工事

土木一式工事とは、総合的に企画・指導・調整を行い、複数の専門工事を取りまとめて土木工作物を建設する工事のことをいいます。このため、下請より元請の取得が前提だと考えられます。

新装工事に限らず、補修工事・改造工事・解体工事も含みます。

具体的には、ダムやトンネル、橋梁工事などの大規模な工事が対象です。

「一式」とはありますが、実際の施工には土木一式工事だけでなく、各種専門工事の許可が求められることに注意が必要です。

建築一式工事

建築一式工事業は、総合的に企画・指導・調整を行い建築物を建設する事業です。

新築工事だけでなく、改修工事・増改築工事も含みます。

大工工事業

大工工事業は、木材の加工・取りつけを行い建築したり、工作物に木製設備を取りつける工事業のことを指します。

具体的には、柱や壁などの工作物を取りつける「大工工事」、仕上げの天井材や床材、建具、備えつけの棚を取りつける「造作工事」や、鉄筋コンクリート造でコンクリートを流し込む「型枠工事」も含まれます。

左官工事業

左官工事業には、建築の内外装において、壁や天井などの表面を美しく仕上げるための施工業務が該当します。

1.漆喰、モルタル、塗り壁などの仕上げ材を使用した壁、天上、床表面などへの施工
2.モルタル塗り、タイル張り
3.クロスや壁紙の施工
4.リフォームや改修工事

とび・土木・コンクリート工事業

下記の範囲に属する事業をまとめて、とび・土木・コンクリート工事業といいます。

1.足場・鉄骨などの組み立て、機械器具、建設資材など重量物の運搬配置など
2.くい打ち、くい抜き、場所打ぐい
3.土砂などの掘削、盛上げ、締固めなど
4.コンクリートによって工作物を作る工事
5.その他の基礎的・準備的な工事

石工事業

石工事業は、主に石材を使用した建築物や景観の造成、修復、保全などが該当します。

1.石材の加工、設置
2.石垣や塀の構築
3.石造建築物の修復など

屋根工事業

屋根工事業には、建物の屋根部分に関わる施工業務が該当します。

1.瓦、スレート、金属板、アスファルトシングルなど屋根材の取付
2.屋根の補修と補強
3.防水処理
4.屋根の断熱施工
5.屋根の点検・保守

電気工事業

電気工事業には、建物における電気設備の設計、施工、保守などの業務が該当します。

1.電力供給システム、照明設備、コンセント配置、配線ルート、制御盤の配置など
2.建物内部や施設内部の配線工事
3.照明器具やランプの設置、配線接続、調光装置の取り付けなど
4.制御盤の設置場所や回路の配線、保護装置の設定など

管工事業

管工事業には、建物における配管設備の設計、施工、修繕などが該当します。

1.水道管、ガス管、排水管、暖房管などの配管設備の設計と施工
2.給水・排水設備の施工
3.ガス供給管の配管、ガスメーターの設置、ガスコンロや給湯器の接続など
4.冷暖房用のパイプやダクト、冷却水配管などの設置

タイル・れんが・ブロック工事業

タイル・れんが・ブロック工事業には、れんが、コンクリートブロックなどの材料を使用して、壁や床などを作る事業が該当します。

1.タイル工事
2.レンガ工事
3.ブロック工事
4.既存のタイル、レンガ、ブロックの補修や改修
5.防水処理

鋼構造物工事業

鋼構造物工事業には、鋼材を使用して構造を組み立てる施工業務が該当します。

1.建物や橋、タワーなどの骨組みとなる鋼構造物を製作
2.建物や施設の屋根やフレームへの鋼材設置工事
3.鋼製階段、手すりの設置工事
4.損傷・腐食部分の修復、補強材の取り付け、補強工事など

鉄筋工事業

鉄筋工事業には、棒鋼などの鋼材を加工、接合し、組み立てる業務が該当します。

1.鉄筋の設計と製作
2.建物や構造物内部にて鉄筋の組み立てと設置工事
3.鉄筋コンクリートの施工
4.損傷した鉄筋の取り替え、修理、腐食防止のための塗装やコーティングなど

舗装工事業

舗装工事業には、道路や歩道などの地盤表面を舗装する施工業務が該当します。

1.舗装面の下地作り
2.舗装材料を選定し配置
3.舗装施工
4.路面標示の施工

浚渫工事業

浚渫(しゅんせつ)工事業には、水路や港湾など水辺の土砂や堆積物を取り除く施工業務が該当します。

1.水路や港湾の浚渫工事
2.池や貯水池の浚渫工事
3.河川の浚渫と河川改修工事
4.海岸の浚渫と防災対策

板金工事業

板金工事業には、金属薄板などを加工して工作物に取りつけたり、工作物に金属製の付属物を取りつける業務が該当します。

1.屋根や外壁の施工
2.配管やダクトを製作
3.補修や修繕
4.金属部品の加工、取り付け

ガラス工事業

ガラス工事業には、工作物にガラスを加工し、取りつけを行う工事が該当します。

1.2.ガラスのカットや加工
3.ガラスの交換と修理
4.防犯ガラスや断熱ガラスの設置工事

※ガラスカーテンウォールの施工など一部のガラス工事は、後述する「建具工事」に該当する場合がありますので、事前にご確認ください。

塗装工事業

塗装工事業には、塗料や塗材を使用し、塗装作業を行う業務が該当します。

1.建物の外壁や内壁の塗装
2.木造建築物の塗装
3.金属部材や鉄骨の塗装
4.床や屋根の塗装
5.メンテナンスや修繕

防水工事業

防水工事業には、モルタルやアスファルト、シーリング材などを使って、屋上やバルコニーなどに防水工事を施す業務が該当します。

※ここでの防水工事は「建築工事」のみを指しており、「土木工事」は該当しません。

1.屋根防水工事
2.地下室・地下階層の防水工事
3.バスルームやトイレの防水工事
4.テラスやバルコニーの防水工事

内装仕上工事業

内装仕上工事業とは、木材や吸音板、壁紙、たたみ、カーペットの取りつけなど、建物の内装仕上げ全般を取り扱う工事業です。

1.壁面仕上げ
2.床仕上げ
3.天井仕上げ
4.木工仕上げ
5.フロアコーティング

機械器具設置工事業

機械器具設置工事業には、建物などに機械や器具を設置する業務が該当します。

1.工場や製造施設、商業施設などへの機械設置工事
2.工業施設における各種設備の設置工事
3.その他、ダム用仮設備、給排気機器、舞台装置設置工事など

熱絶縁工事業

工作物や工作物の設備を熱絶縁する工事を熱絶縁工事業といい、冷暖房設備や冷凍冷蔵設備、動力設備、燃料・化学工業設備の熱絶縁工事が該当します。

1.断熱材設置工事
2.熱遮断材の設置工事
3.熱絶縁コーティングの施工
4.施設の熱絶縁設計

電気通信工事業

電気通信工事業には、有線・無線電気通信設備やネットワーク設備、情報設備、放送機械設備などの電気通信設備を設置する業務が該当します。

既存の電気通信設備の修繕工事や改修工事は含まれますが、保守作業は該当しません。

1.有線・無線電機通信設備工事
2.データ通信設備工事
3.テレビ電波障害防除設備工事
4.インターネット接続の提供

造園工事業

造園工事業は、整地や樹木の植栽、景石の据えつけなどによって庭園を作る工事や、道路や建築物の屋上を緑化する工事などが該当します。

1.植栽工事
2.地形整備工事
3.庭園などの設計工事
4.水景設備の設置工事
5.屋上等緑化工事

さく井工事業

さく井工事業には、端的にいえば井戸を掘る工事などが該当します。

1.井掘削掘削工事
2.温泉掘削工事
3.天然ガス掘削工事
4.揚水設備工事

建具工事業

工作物に木製・金属製の建具などを取りつける仕事を建具工事業といい、窓のサッシの取りつけ工事もこれに含まれます。

1.ドアや窓の取付工事
2.サッシ工事
3.手すり等の設置工事
4.扉やフェンス等の取付工事

水道施設工事業

水道施設工事業には、上水道・工業用水道などのための取水・浄水・配水などの施設を築造する工事と、公共下水道・流域下水道の処理設備を設置する工事が該当します。

1.給水施設の設置工事
2.排水施設の設置工事
3.給水・排水設備の改修工事
4.水道施設の点検・保守など

消防施設工事業

火災警報や消火設備、避難設備などの設置・取りつけを行う工事業を消防施設工事業といいます。

1.屋内消火栓、スプリンクラー設置工事
2.水噴霧、泡、不燃性ガス、蒸発性液体又は粉末による消火設備工事
3.屋外消火栓、動力消防ポンプ、火災報知設備工事
4.漏電火災警報器設置工事、非常警報設備工事
5.金属製避難はしご、救助袋、緩降機、避難橋または排煙設備の設置工事

清掃施設工事業

清掃施設工事業は、ごみ処理施設、し尿処理施設の建設事業を指します。

解体工事業

解体工事業は、建築物・工作物を解体し、更地に戻す工事を行うものです。

以前はとび・土木工事業の許可で行うことができたそうですが、2019(令和元)年5月31日以降、解体工事業許可が必要となりました。

まとめ

本記事では、建設業許可の29業種について解説しました。

それぞれの対象事業を見極め、適切な許可を取得しなければなりませんが、これが難しい部分でもあります。

自身が取得すべき許可業種がわからなかったり、要件について不安なときは、当事務所までお気軽にご相談ください。

この記事を書いたのは

ヲタク行政書士®榊原沙奈です。

カテゴリー: コラム個人事業・フリーランス建設業許可・認可


Clinic Name
           
受付・ご対応時間
9:00 - 17:00
  • ※ ▲ AMのみ
  • ※ ネット問い合わせは、随時受付中
  • ※ 打合せ・現地訪問については上記時間外でもご対応が可能です
ネットでのお問合せはこちらから
Clinic Name
メニュー
業務内容

榊原沙奈
(さかきばら さな)
ヲタク行政書士®
やぎ座のO型、平成弐年式
法人設立、事業承継が得意
プロフィール

人気の記事
最新の記事
ネットお問合せ