Clinic Name

Best Ally
~最高の味方に~
個人診療所開設・医療法人設立専門のヲタク行政書士®榊原です

独立開業をお考えの方へ

法人化と個人診療所開設、どちらがいいのか悩む

勤務医から独立をお考えの方で、医療法人にするか個人診療所にするかお悩みではありませんか?
自治体により、勤務医から医療法人設立が出来ない場合もございます。また、法人化と個人開業それぞれにメリット・デメリットがございます。

商標登録にかかる費用は?わかりやすく内訳まで解説します。

本記事では、商標出願から登録までにかかる費用をわかりやすく解説します。

かかる費用の内訳は?

商標登録にかかる費用は、大きく「印紙代」「弁理士報酬」に分けられます。

弁理士に依頼するかどうかは自分で選べるので「任意」ですが、印紙代は特許庁に納付する手数料なので、カットすることはできません。

印紙代は次の通りです。

国内出願にかかる手数料金計算システムを使うと便利ですよ。

手続料金計算システム国内出願に関する料金|特許庁

費用をもう少し刻むと

商標登録に至るまでにかかる費用は、次の3つとなります。

外注する場合

商標出願を外注する場合、一時的には弁理士が考えられます。

ただ、弁理士単独で事務所を経営している場合もあれば、複数名の所属する「特許事務所」、商標登録を専門の代行サービス提供会社など様々です。

どの形態かによって報酬額・サービス内容が異なりますので、事前に相見積もりをとりましょう。

自分で手続をする場合、下記の記事をご覧下さい。

外注するなら検討したいオプション

総合的に見て「外注」を選択するのなら、下記のオプションも検討しましょう。

まとめ

本記事では、商標登録出願にかかる費用について解説しました。

この記事を書いたのは

ヲタク行政書士®榊原沙奈です。

カテゴリー: コラム商標権知的財産


Clinic Name
           
受付・ご対応時間
9:00 - 17:00
  • ※ ▲ AMのみ
  • ※ ネット問い合わせは、随時受付中
  • ※ 打合せ・現地訪問については上記時間外でもご対応が可能です
ネットでのお問合せはこちらから
Clinic Name
メニュー
業務内容

榊原沙奈
(さかきばら さな)
ヲタク行政書士®
やぎ座のO型、平成弐年式
法人設立、事業承継が得意
プロフィール

人気の記事
最新の記事
ネットお問合せ