Clinic Name

Best Ally
~最高の味方に~
個人診療所開設・医療法人設立専門のヲタク行政書士®榊原です

独立開業をお考えの方へ

法人化と個人診療所開設、どちらがいいのか悩む

勤務医から独立をお考えの方で、医療法人にするか個人診療所にするかお悩みではありませんか?
自治体により、勤務医から医療法人設立が出来ない場合もございます。また、法人化と個人開業それぞれにメリット・デメリットがございます。

兄弟姉妹で起こりがちな相続トラブルの原因と対処法 

当サイトの一部に広告を含みます。

誰でも1度は、親族の死を意識したことがあるかと思います。

考えたくないことかもしれませんが、両親のうちいずれかが亡くなると、あなたと遺された親御さん、あなたの兄弟姉妹が相続人となります。

「うちは仲がいいから」「大した財産はないから」

こう仰る人も多いのですが、相続時、兄弟姉妹でもめることは少なくありません。

当ページでは、兄弟姉妹がいる人が相続人となった際に”もめない”ための対策と、実際にもめてしまった場合の対処法を解説します

筆者プロフィール

榊原 沙奈さかきばら さなご紹介
榊原行政書士事務所 代表行政書士
やぎ座のO型。趣味は写真を撮ること、神社をめぐること。

兄弟姉妹で起こりがちな相続トラブルの例

兄弟姉妹の間で起こりがちな相続トラブルの例をご紹介します。

兄弟姉妹の相続トラブル 例
  • 不動産など分割しづらい財産がある
  • 連絡がとれない兄弟姉妹がいる
  • 一部の兄弟姉妹が被相続人を世話していた
  • 遺言書の内容に偏りがある
  • 兄弟姉妹の配偶者、子が口をはさむ

1.不動産など分割しづらい財産がある

相続時、不動産や株式など、分割するのが難しい財産が含まれている場合、分割方法でもめることがあります。

不動産を売却し、換金して分割したいと考える人もいれば、土地建物をそのまま遺したいと考える人もいます。

この場合、話し合いがまとまらないからと兄弟姉妹全員で「共有」状態にすることがありますが、後々のトラブルに繋がる可能性が高いのでオススメできません。

Point

分割が難しい財産がある場合、兄弟姉妹との交渉も踏まえ、相続制度に明るい人への相談がベターだと思います。

2.連絡がとれない兄弟姉妹がいる

法定相続人を調査した際、会ったこともない異父または異母きょうだいの存在が判明することがあります。

このほか、家を出た後、何年も連絡をとっていない兄弟姉妹がいる家庭も少なくありません。

相続手続は原則、法定相続人全員で進めなければならず、1人でも連絡がつかないと、さまざまな手続が滞ってしまいます

ここで連絡がとれない兄弟姉妹を無視し、強引に手続を進めると、後々トラブルに発展する可能性が高いのでオススメしません。

連絡先自体がわからない、または、連絡先はわかるが連絡がつかない場合には、専門家をうまく活用することで、円滑に手続を進める事ができます。

Point

3.一部の兄弟姉妹が被相続人を世話していた

兄弟姉妹のうち、1人だけが親元に残り、親御さんが亡くなるまで身の回りの世話や介護をしていた場合。

親元を離れ、まったく世話をしてこなかった兄弟姉妹と対立することがあります。

平等に分割すれば、世話をしていた人は不満を抱き、世話をしていた人が過剰に受け取れば、そうでない人は不満を抱く…といった具合です。

ここでもめる理由は、親の世話をしていたことに対して支払う(もらう)金額の算定基準が曖昧なこと

兄弟姉妹間で話し合いが調わなければ、専門知識をもった第三者を仲介すると、全員の納得感を得やすくなります。

関連記事

4.遺言書の内容に偏りがある

亡くなった方(被相続人)が遺言書を用意していた場合、遺産分割協議を経なくても手続を進めることができます。

このなかで、兄弟姉妹の相続分に大きく偏りがあると、少ない側の兄弟姉妹から不満の声があがることも。

法律で定められた最低保障額(遺留分といいます)を下回る指定がされている場合、下回る指定をされた兄弟姉妹から他の相続人に「自分の相続分をください」と請求できる制度があります。

いっぽう、遺留分は確保されている遺言書だと、不服は却下されてしまいます。

この場合は「遺留分」がどの程度あるのかを知り、そのうえで請求できる・できないの判断をされるのが件名かと思います。

関連記事

5.兄弟姉妹の配偶者、子などが口をはさむ

人が亡くなり、相続できるのは原則「法定相続人」に該当する人です。

この法定相続人に関し、間違った認識をしている親族が口をはさむことがあります。

また、正しい認識はしているものの、”配偶者または親の相続分が自らの生活に直結する”と考える相続人の親族が口をはさんでくることもあります。

たとえば、義父母のいずれかが亡くなり、巨額の遺産がある場合。自分の配偶者が相続する財産の多少について、ご主人や奥様、お子さんがお気持ち表明してくるケースです。

この場合、最も穏やかな解決方法は、法律や相続制度の正しい理解、または、第三者への委任だと思われます。信頼できる専門家に相談することを検討しましょう。

Point

兄弟姉妹での相続トラブルを防ぐ方法

兄弟姉妹での相続トラブルを防ぐ方法は、次の通りです。

兄弟姉妹の相続トラブルを防ぐ方法
  • 遺言書や信託等で生前に備える
  • 生前からコミュニケーションをとっておく
  • 専門家に依頼する

1.遺言書や信託等で生前に備える

相続でもめる最大の理由は、死亡人の要望(気持ち)がわからないことだと私は考えています。

遺言書がない場合はもちろん、用意してもその内容に納得がいかない場合、法定相続人全員で話し合いを行うこととなります。

だれが、なにを、どのくらい相続するのか、を話し合うのが遺産分割協議ですが、死亡人がどのような気持ちでその財産を築き、どういった目的で持っていたのかがわからず、法定相続人は事務作業として行う場合がほとんどです。

生前、何か希望があって持っている資産があるのなら、遺言書信託契約を結んでおくなど、遺された人に自分の遺志がわかるようにしておくことが、最大の対策だと思います。

関連記事

2.生前からコミュニケーションをとっておく

相続は発生するのは、被相続人が死亡したときです。

「死人に口なし」という言葉通り、亡くなってしまってからでは財産について確認をすることができません。

「ちゃんとしておかないと…」と言いつつ、結局なんの準備もしないまま亡くなる親、「生前から相続の話をするのは気が引ける」と結局言い出せない子…このような構図をよく見かけます。

相続対策は、死亡時のためだけに行うものではありません。

生前に起こりうる認知症、足腰が弱ったり病気を理由に介護が必要になった場合に備えるものでもあります。

また、財産に関する話し合いは、相手の財産をあてにするのではなく、本人にとってのベターな選択をする手伝いをしたいからに他なりません。

これらのことをよく考え、親子間でコミュニケーションをとっておくことをオススメします。

3.専門家に依頼する

相続トラブルを防止するため、何か対策をうちたいけれど、何をしていいのかわからない場合。

よくわからない制度を1から調べるより、日常的に相続に携わる人に聞いてしまうのが近道です。

専門家に依頼する最大のメリットは、教科書通りのゴツゴツした知識ではなく、実際の相続手続を通して得た知見を繁栄した対策を期待できること

より精度の高い技術を求めるなら、「相続専門」と看板を掲げている専門家を頼るのがオススメです。

兄弟姉妹での相続トラブルが起こった場合

実際に、兄弟姉妹間で相続トラブルに発展した場合、専門家に依頼するのが最適解。

相続トラブルに対処できる専門家は、次の通りです。

兄弟姉妹の相続トラブル解決の依頼先
  • 弁護士
  • 司法書士
  • 税理士
  • 行政書士
  • 金融機関・行政

弁護士

弁護士は、法律分野の何でも屋さん。

あなたの代理人として相手と交渉し、自分の代わりに出廷(裁判所に赴くこと)してもらうことができます。

ただし、他の専門家と比べると費用が高額となるのが一般的で、すべての弁護士が相続に関する訴訟に精通しているわけではない点には注意が必要です

司法書士

司法書士は、登記の専門家です。

生前の後見制度、相続財産に不動産が含まれている場合に必要となる「登記」を依頼することができ、これらに必要な書類作成までお願いできるのが一般的です。

登記には必ず「登録免許税」がかかりますが、司法書士報酬とは別なので、費用を計算する際は内訳に気をつける必要があります

税理士

税理士は、相続税や贈与税等「税金」に関する手続きの専門家です。

相続税はすべての相続にかかるものではありません。

自分達の相続が課税対象なのか、また、活用できる控除枠の有無など熟知しているため、安心して任せる事ができます。

ただし、税理士はあくまでも税関連の専門家。

相続手続について知らない人もいますので、相続手続とは分けて考える必要があります

行政書士

相続手続では、戸籍謄本類、相続財産の特定、遺産分割協議書の作成等々、さまざまな書類を取得、作成、提出する必要があります。

これらの手続自体は難しくありませんが、相続手続全体のプロセスを把握していなければ、1歩進んで2歩下がる…という場面も。

多少費用がかかっても、物理的な手間を削減し、正しい手続をとりたい場合に活用するといいでしょう。

ただし、登記や税関連手続、相続人同士でもめ事が起こった場合には直接的な対処ができないため、自分の対処できない分野に対し、対策を講じている人を選ぶのがオススメです。

「相続専門」とか、取扱い業務に「相続」とある専門家を選びましょう。

金融機関・行政など

○○士といった士業以外にも、懇意にしている金融機関や、手続の窓口となる法務局や税務署などでも、相続手続に関する相談を受付けています。

金融機関の場合、手続を代行してくれるサービス(商品)を提供しているところも増えているので、窓口にて確認しましょう。

ただし、登記や税関連について金融機関は仲介者。

いわゆる「仲介料」が上乗せされた金額となるため、他と比較すると費用が高額になるのが一般的なので、相見積もり等とられることをオススメします。

兄弟姉妹間で起こりがちな相続トラブル まとめ

当ページでは、兄弟姉妹で起こりがちな相続トラブルについて解説しました。

Point

カテゴリー: ADR(調停)コラムマネーハックライフハック信託・遺言書家族信託成年後見相続・相続税自筆証書遺言財産関連一般


Clinic Name
           
受付・ご対応時間
9:00 - 17:00
  • ※ ▲ AMのみ
  • ※ ネット問い合わせは、随時受付中
  • ※ 打合せ・現地訪問については上記時間外でもご対応が可能です
ネットでのお問合せはこちらから
Clinic Name
メニュー
業務内容

榊原沙奈
(さかきばら さな)
ヲタク行政書士®
やぎ座のO型、平成弐年式
法人設立、事業承継が得意
プロフィール

人気の記事
最新の記事
ネットお問合せ