Clinic Name

Best Ally
~最高の味方に~
個人診療所開設・医療法人設立専門のヲタク行政書士®榊原です

独立開業をお考えの方へ

法人化と個人診療所開設、どちらがいいのか悩む

勤務医から独立をお考えの方で、医療法人にするか個人診療所にするかお悩みではありませんか?
自治体により、勤務医から医療法人設立が出来ない場合もございます。また、法人化と個人開業それぞれにメリット・デメリットがございます。

法定相続人は誰?法定相続人と順位、相続割合をわかりやすく解説

当サイトの一部に広告を含みます。

相続は、誰かが亡くなると同時に発生します。

この時、誰が相続できて、誰が優先されるのかを知らないと、正しい相続はできません。

当ページでは、法律に定められている相続人と順位、相続できる割合をわかりやすく解説します。

この記事もオススメ

筆者プロフィール

榊原 沙奈さかきばら さな(90′)
榊原行政書士事務所 代表行政書士
やぎ座のO型。趣味は写真を撮ること、神社をめぐること。

相続できるのは「法定相続人」

人が亡くなると、その人の遺産を親族が引き継ぐ。

多くの人がこの事実を知りながら、具体的な内容・範囲までは知らないのが実情です。

一般的な相続では、法律で定められた相続人(法定相続人といいます)が財産を承継します

ただし、法定相続人であれば誰でも相続ができるわけではなく、同じ法律により、各相続人に順位がつけられています。

法定相続と遺留分

法定相続人には、法律で最低保障である「法定相続分」と「遺留分」が定められています。

法定相続分は、本人が主張せずとも適用される制度ですが、遺留分は、一定の法定相続人にのみ認められるうえに、本人が主張しなければ適用されない点が大きく異なります。

関連記事

法定相続人の順位

死亡人(被相続人といいます)が遺言書を用意している場合、故人の遺志を尊重する目的で、この内容にそった相続手続がされます。

しかし、遺言書がない場合や遺言書の内容が無効な場合、遺言書に記載されていない財産があった場合には、法定相続人による話し合い(遺産分割協議といいます)または法定相続分での分割が考えられます。

法定相続人と、それぞれの順位は次の通りです。

0.配偶者
1.子、孫など直系卑属※
2.父母、祖父母など直系尊属※
3.兄弟姉妹

※相続発生時、子または父母が亡くなっていて、孫または祖父母が存命なら相続人になります。

法定相続人のポイント

法定相続人かどうかを確認する際、次のポイントをおさえましょう。

配偶者は常に相続人

被相続人に配偶者がいる場合、常に・・相続人となります。

ここでの「配偶者」は、法律上の配偶者に限られ、内縁者は含まれません。

過去に婚姻していた元配偶者も、相続することができません。

相続できるのは順位が先の人だけ

法定相続人のうち、実際に相続できるのは、順位が先の人のみです。

例えば、被相続人に配偶者がおらず、両親、子がいる場合、子のみが相続人となります。

法定相続人に含まれない人

法定想像人に含まれないのは、次の人です。

・内縁の妻
・離婚した元配偶者
・養子縁組をしていない配偶者の連れ子
・いとこ
・叔父叔母、伯父伯母
・先順位の相続人がいる場合の後順位法定相続人
・義家族(配偶者の親、兄弟姉妹など)
 
 

ただし、一定の要件を満たせれば、これらの親族が相続できる場合もあります。

法定相続人でも相続できない場合もある

法定相続人の中でも、次に該当する場合、相続することができません。

(1)相続欠格
(2)相続廃除
(3)相続放棄

(1)相続欠格

相続欠格とは、次に該当する相続人から「相続する権利」を、自動で剥奪はくだつする制度のことをいいます。

・わざと被相続人ひそうぞくにん推定相続人すいていそうぞくにんを死亡させた、または、死亡させようとしたために刑罰を受けた
被相続人ひそうぞくにんが殺害されたことを知りながら、告発・告訴しなかった
・詐欺、脅迫により、被相続人ひそうぞくにんによる遺言書の作成・撤回・取消し・変更を操作したり、わざと妨害した
被相続人ひそうぞくにんの遺言書の内容を偽造・変造・破棄・隠した

法律は、被相続人ひそうぞくにんの遺志を最大限尊重する姿勢を保っていて、被相続人ひそうぞくにん蔑ろないがしにする人に相続させることは認めません。

(2)相続廃除

相続欠格が「自動で相続権を失う」のに対し、相続廃除は、被相続人ひそうぞくにんとなる人に対し、次の行為をした推定相続人すいていそうぞくにんから、一定の手続きをとることで、相続権を奪うことができる制度です。

推定相続人すいていそうぞくにん被相続人ひそうぞくにんに対し、虐待・重大な侮辱を加えたこと
推定相続人すいていそうぞくにんに著しい非行があった

(3)相続放棄

相続権を持つ人が、自ら相続放棄の手続きを行った場合、はじめから相続人ではなかったものとして扱われます。

相続割合は変動する?

法定相続分として定められる相続割合は、家族構成などにより変動します。

(1)配偶者と子の場合

相続人が配偶者とお子さんの場合、相続割合は次の通りです。

・配偶者1/2。お子さん1/2
・配偶者がいなければ、お子さんの人数で均等に分割

(2)配偶者と親、兄弟姉妹の場合

相続人が配偶者と直系尊属(父母、または祖父母など)、兄弟姉妹の場合は次の通りです。

・配偶者2/3、直系尊属1/3
・配偶者がいない場合、直系尊属の人数で均等に分割
・配偶者3/4、兄弟姉妹(甥姪)1/4

(3)孫、甥姪の場合

被相続人の死亡時、生きている親族が配偶者と孫、父母のような場合は、配偶者と孫が相続人となります。

この場合、配偶者が1/2、孫の人数で均等に分割することになります。

いかにも父母が相続しそうなケースですが、生きていれば相続人になるはずだった子の相続分を、その直系卑属が父母に優先して引き継ぐことになります。

これを小難しい言葉で代襲相続だいしゅうそうぞくといい、「相続欠格」「相続廃除」によって相続権を失った旧相続人がいる場合にも適用されることがあります。

法定相続人を調べる方法と手続きは?

そもそも論ですが、法定相続人はどうやって調べるのでしょうか。

学校では教えてくれませんし、よくわかりませんよね(´・ω・`)

具体的には次の手続きをとります。

・遺言書の検認
・戸籍謄本の収集

(1)遺言書の検認

家族が亡くなった際、はじめに確認するのが「遺言書の有無」です。

自宅を探すのはもちろん、金融機関や法務局、公証役場等に照会することで確認することができます。

はじめから「遺言書なんてあるわけない」と決めつけず、徹底的に確認しましょう。

自宅にて発見した場合、家庭裁判所に提出し、検認の申し立てを行います。

(2)法定相続人は○○で調査する

次に確認すべきが、戸籍書類です。

取得すべき書類は被相続人ひそうぞくにんが生まれてから死ぬまでの戸籍謄本全てです。

相続人については、全員分を取得せねばなりません。

取得した戸籍の読み方がわからない、請求先がわからない場合は、市役所の戸籍係に相談する、または、行政書士、司法書士、弁護士などの専門家に依頼する方法があります。
相続を取り扱う事務所なら、全て揃えてくれますので、お忙しい方は思い切って任せるのも一案です^^

まとめ

今回は、法定相続人に当たる人、相続できる順位、割合について解説しました。

相続手続きは人生に何度もある事ではありませんので(むしろ、ない方が好ましいですよね)、自分で調査・作成などの手続きを行う場合には、思わぬところでつまずくこともあるかもしれません。

そんなときは、弁護士、司法書士、行政書士などの専門家に相談すると、驚くほどスムーズに解決できることもあります。

もめそうだな…と思ったら弁護士、相続財産に不動産がある場合は司法書士、どこに相談すればいいかわからないよ~という時には行政書士までご相談下さい^^

カテゴリー: 法改正・新制度相続・相続税


Clinic Name
           
受付・ご対応時間
9:00 - 17:00
  • ※ ▲ AMのみ
  • ※ ネット問い合わせは、随時受付中
  • ※ 打合せ・現地訪問については上記時間外でもご対応が可能です
ネットでのお問合せはこちらから
Clinic Name
メニュー
業務内容

榊原沙奈
(さかきばら さな)
ヲタク行政書士®
やぎ座のO型、平成弐年式
法人設立、事業承継が得意
プロフィール

人気の記事
最新の記事
ネットお問合せ