Clinic Name

Best Ally
~最高の味方に~
個人診療所開設・医療法人設立専門のヲタク行政書士®榊原です

独立開業をお考えの方へ

法人化と個人診療所開設、どちらがいいのか悩む

勤務医から独立をお考えの方で、医療法人にするか個人診療所にするかお悩みではありませんか?
自治体により、勤務医から医療法人設立が出来ない場合もございます。また、法人化と個人開業それぞれにメリット・デメリットがございます。

商標登録の出願手続、注意点を解説

当サイトの一部に広告を含みます。

当ページでは、商標登録の手続と注意点を解説します。

筆者プロフィール

榊原 沙奈さかきばら さな(90′)
榊原行政書士事務所 代表行政書士
やぎ座のO型。趣味は写真を撮ること、神社をめぐること。

商標登録までの流れ

商標登録は、下記の流れで行います。

1.事前調査

登録したい商標について、同一または類似の商標が既に登録されていないか調べましょう。

商標権は「商標」「使用する商品・サービス」を組み合わせて登録しますが、登録できる商品・サービスは45区分に分類されます。

名前は同じでも、全く異なる区分で使用されている場合は、登録される可能性があります。

1-1.検索サイト

既に登録されている商標を検索するには、商標検索サイトがオススメです。

2.出願申請

事前調査で問題がなければ、商標登録の出願手続を行います。

出願方法は、「特許庁の窓口」「郵送」「オンライン」のいずれかを選択でき、必要な様式は特許庁ホームページより入手することができます。

2-1.出願にかかる費用

商標登録出願の際、出願料のほかに、書面で提出する場合の電子化手数料が必要です。

出願料は、特許印紙にて納付することになりますが、収入印紙と混同しないよう注意しましょう。

  • 出願料:3,400円+(8,600円×区分数)
  • 電子化手数料:2,400円+(800円×提出書類の枚数)

オンライン出願の場合、電子化手数料は不要な反面、出願ソフトのインストール等の手間がかかるほか、弁理士に依頼すれば、手数料の他に報酬額が必要です。

2-2.申請書の記載項目

申請書の記載項目は下表の通りです(PDFWord

項目内容
書類名「商標登録願」と記載
整理番号自分と同日に出願する別のものと区別するための番号です。
ローマ字(大文字)、アラビア数字、「ー」を自由に組み合わせましょう。
ただし、上限は10文字です。
提出日窓口へ提出する場合は提出日
郵送の場合は投函する日
宛先「特許庁長官 殿」と記載
商標登録を受けようとする商標8cm四方の枠を記載し、この中に商標を記載します。
登録したい商標を直接記載する他、同じサイズの紙や写真を貼付しても構いません。
商標の種類「標準文字」「立体商標」「動き商標」
「ホログラム商標」「色彩のみからなる商標」
「音商標」「位置商標」等
出願する商標のタイプに合わせて記載します。
指定商品又は指定役務並びに商品及び役務の区分【第 類】1から45類の区分を記載
【指定商品(役務)】商品(役務)の内容及び範囲を明確に理解できるだけの情報量を記載します。
商標登録出願人【識別番号】特許庁から識別番号の通知を受けている場合に使用しますので、初めての出願では不要です。
【住所又は居所】住民票や登記簿に合せた形で記載します。
【氏名又は名称】個人の場合は氏名、法人の場合は法人の名称と代表者の氏名のみを記載します。
【国籍】外国人または外国籍の人は記載します。
【電話番号】日中連絡が取れる番号を記載します。
提出物件の目録説明書や各種証明書等が必要な場合に設ける欄です。
【 】内に提出する書類名を記載して添付して下さい。
手数料の表示【納付金額】に納付する金額を記載します。

関連リンク

3.審査

出願手続が完了したら、審査官による審査の終了を待ちます。

普通審査の場合、概ね4か月から10か月かかりますが、早期審査を利用すると短期間での登録が可能です。

3-1.登録査定

出願内容に問題がなければ「登録査定」となり、登録料を納付することになります。

3-2.拒絶査定

登録ができないと判断された場合、「拒絶理由通知書」が送付されます。

通知書の内容により、意見書の提出、不備を補正する等の方法をとることができ、特許庁で行われる再審査にて問題がなければ、拒絶理由の解消となります。

要するに、登録査定です。

4.登録料の納付

登録査定を受け取った場合、30日以内に登録料を納付しましょう。

納付方法は、現金、電子現金、特許印紙、予納、口座振替、クレジットカードのいずれかを選択できます。

5.商標登録

納付から一定期間を経過すると商標登録となります。

5-1.登録費用

商標にかかる登録費用は、5年または10年から選択することができます。

期間登録料
5年
(前期後期とも共通)
区分数×17,200円
10年区分数×32,900円

5-2.更新費用

商標権の有効期限は、設定登録日から10年です。

期間満了後も商標権を維持する場合、更新手続を行いましょう。

期限が近づいたからといって、特許庁から更新の通知等は届かないため、自己管理が重要です。

更新料は下表の通りです。

期間更新料
5年間
(前期後期とも共通)
区分数×22,800円
10年間区分数×43,600円

®と™の違い

®は、Registered Trademark商標登録を意味し、特定の文字が登録商標であることを意味します。

™は、Trademarkの略で、まだ商標登録が完了していない場合に付けることが多いです。

いずれも、商標法上の義務ではないため、付けるかは登録権者(出願者含む)の任意ですが、商標登録を維持管理するうえで、付けることをオススメします。

商標登録の出願手続、注意点まとめ

当ページでは、商標登録の出願手続と注意点を解説しました。

関連記事

カテゴリー: 商標権


Clinic Name
           
受付・ご対応時間
9:00 - 17:00
  • ※ ▲ AMのみ
  • ※ ネット問い合わせは、随時受付中
  • ※ 打合せ・現地訪問については上記時間外でもご対応が可能です
ネットでのお問合せはこちらから
Clinic Name
メニュー
業務内容

榊原沙奈
(さかきばら さな)
ヲタク行政書士®
やぎ座のO型、平成弐年式
法人設立、事業承継が得意
プロフィール

人気の記事
最新の記事
ネットお問合せ