Clinic Name

Best Ally
~最高の味方に~
個人診療所開設・医療法人設立専門のヲタク行政書士®榊原です

独立開業をお考えの方へ

法人化と個人診療所開設、どちらがいいのか悩む

勤務医から独立をお考えの方で、医療法人にするか個人診療所にするかお悩みではありませんか?
自治体により、勤務医から医療法人設立が出来ない場合もございます。また、法人化と個人開業それぞれにメリット・デメリットがございます。

社会保険労務士法人の特徴、依頼するメリット、注意点を解説

当サイトの一部に広告を含みます。

当ページでは、社会保険労務士法人の特徴、依頼するメリットを解説します。

筆者プロフィール

社会保険労務士法人とは

社会保険労務士法人(社労士法人)とは、社会保険労務士が設立する法人を指します。

社員1人から設立ができますが、この社員は社労士資格者でなくてはなりません。

社労士法人と社労士事務所の違い

社労士法人と社労士事務所の違いは、利用者からみると大きな差はありません。

一般的に、法人は個人事業よりも手続が煩雑で、運用コストもかかります。

社労士に依頼するメリット

人事労務に関する事務処理を社労士に依頼する場合、次のメリットがあります。

  1. 本業に専念できる
  2. 正確で迅速な処理が期待できる

1.本業に専念できる

事業者が従業員を雇用する場合、社会保険や雇用保険の事務手続が必要です。

このような手続を行う場合、正しい知識がなければ処理が難しく、調査等に一定の時間がかかります。

これらの手続を社労士に依頼することで、事業者は本業に専念でき、業務効率の向上も期待できます。

2.正確で迅速な処理が期待できる

人事に関する課題は複雑化する場合が多く、一朝一夕で解決できるものではありません。

社労士に依頼することで、従業員に係る相談に応じてくれるだけでなく、話し合いへの同席を頼める場合もあります。

トラブルの未然防止、発生時の初動がはやくなるため、組織全体の士気向上も期待できます。

社労士に依頼する際の注意点

社労士に依頼する場合、次の点に注意しましょう。

  1. 費用がかかる
  2. 必ず解決するとは限らない

1.費用がかかる

社労士に業務を依頼する場合、社労士に報酬を支払う必要があります。

社労士報酬に一律の規定があるわけではなく、各事務所・法人で自由に設定することができるため、依頼を検討する際は事前に相見積もりをとることをオススメします。

2.必ず解決するとは限らない

社労士に業務を依頼する場合、事業者は何らかの課題を抱えていることでしょう。

しかし、社労士により能力値に幅があり、期待した成果を必ず得られるとは限りません。

依頼を検討する場合、自身の考える課題点、希望する成果や期限等を具体的に伝え、互いの意思確認を丁寧に行いましょう。

社会保険労務士法人の特徴、依頼のメリット、注意点まとめ

当ページでは、社会保険労務士法人の特徴、社労士に業務を依頼するメリット、注意点を解説します。

関連記事

カテゴリー: 個人事業・フリーランス社労士社労士法人


Clinic Name
           
受付・ご対応時間
9:00 - 17:00
  • ※ ▲ AMのみ
  • ※ ネット問い合わせは、随時受付中
  • ※ 打合せ・現地訪問については上記時間外でもご対応が可能です
ネットでのお問合せはこちらから
Clinic Name
メニュー
業務内容

榊原沙奈
(さかきばら さな)
ヲタク行政書士®
やぎ座のO型、平成弐年式
法人設立、事業承継が得意
プロフィール

人気の記事
最新の記事
ネットお問合せ