Clinic Name

Best Ally
~最高の味方に~
個人診療所開設・医療法人設立専門のヲタク行政書士®榊原です

独立開業をお考えの方へ

法人化と個人診療所開設、どちらがいいのか悩む

勤務医から独立をお考えの方で、医療法人にするか個人診療所にするかお悩みではありませんか?
自治体により、勤務医から医療法人設立が出来ない場合もございます。また、法人化と個人開業それぞれにメリット・デメリットがございます。

育児休業給付の申請方法は?内容と手続をわかりやすく解説します。

本記事では、育児休業給付の内容と支給申請に必要な手続について解説します。

育児休業について気になる人は、下記の記事をご覧ください。

育児休業給付金とは?

労働者の育児休業中、会社から給与がもらえないことがほとんどです。

この期間中、生活支援を目的として雇用保険から支給されるのが育児休業給付金です。

支給要件

もらえる要件は、次の通りです。

育児休業中に就業したり、会社から賃金が支払われる場合は、次の要件も満たす必要があります。

有期労働契約の場合は、「子の出生日から8週間経過する日の翌日から6か月を経過するまでの間に、労働契約期間が満了しないことも求められます。

支給金額

次の通りです。

支給金額にはそれぞれ、上限と下限値が設定されています。

育児休業中に賃金が支払われる場合、休業開始前賃金の13%を超えれば減額され、80%を超えると支給されません。

受給手続(初回)

支給を受けるには、事業主が所轄公共職業安定所の長に所定の書類を提出して行います。

受給手続(2回目以降)

育児休業給付金の申請は、原則2か月に1度行います。

被保険者が希望すれば、1か月に1度、支給申請をすることも可能で、下記の手続が必要です。

まとめ

本記事では、育児休業給付金の内容と必要を解説しました。

この記事を書いたのは

ヲタク行政書士®榊原沙奈です。

カテゴリー: コラム人事労務育児休業給付雇用保険


Clinic Name
           
受付・ご対応時間
9:00 - 17:00
  • ※ ▲ AMのみ
  • ※ ネット問い合わせは、随時受付中
  • ※ 打合せ・現地訪問については上記時間外でもご対応が可能です
ネットでのお問合せはこちらから
Clinic Name
メニュー
業務内容

榊原沙奈
(さかきばら さな)
ヲタク行政書士®
やぎ座のO型、平成弐年式
法人設立、事業承継が得意
プロフィール

人気の記事
最新の記事
ネットお問合せ